コンテンツマーケティング最前線01 オウンドメディアがCV(コンバージョン)に繋がらない理由(ワケ)
5c0dfb7a7cd3613d88cfbf6d

コンテンツマーケティング最前線01 オウンドメディアがCV(コンバージョン)に繋がらない理由(ワケ)

¥1,080 税込

送料についてはこちら

kindleストアの広告・宣伝部門で1位、マーケティング部門で3位を獲得するなど、業界関係者から注目を集める話題本がついに製本化! コンテンツマーケティングラボ編集長の三友直樹氏、MAのエキスパート・田所浩之氏、SEOの専門家・バカ毛氏、コンテンツマーケティングで成果を出しているユアマイスター社・高山武佐士氏の4名に対し、クマベイス田中がインタビューさせていただきました。 オウンドメディアでCVにつながらない理由とは? コンテンツ制作で必要な考え方とは? これまでは入門書が多かった、国内のコンテンツマーケティング関連書籍。本書はより踏み込んだ内容により、コンテンツマーケティングに取り組む人々のお悩みを解決します! 出版社:クマベイス出版 発売日: 2018/12/13 著者:田中森士 , 三友直樹 , バカ毛 , 高山武佐士 , 田所浩之 ■概要 <はじめにより>   コンテンツマーケターは真摯な人が多い。これは筆者が初めてコンテンツマーケティングの海外カンファレンスに参加した際、強く感じたことである。  毎年9月に米国オハイオ州クリーブランドで開かれる、世界最大のコンテンツマーケティングのカンファレンス「コンテンツマーケティングワールド」。そこで出会った各国のコンテンツマーケターらは、初めて参加してかつ英語もおぼつかない筆者に対し、分け隔てなく接してくれた。どういった仕事をしているのかに耳を傾け、惜しげもなくアドバイスをくれた。  初めはなぜ彼らがここまで尽くしてくれるのか、全く理解できなかった。しかしながら、彼らと交流を深めていくうちに、それがなぜなのか、徐々に感じ取っていった。彼らは100%相手のことを考え、かつ与えることこそが重要であると、コンテンツマーケティングに取り組む中で理解しているのである。  よくビジネスは「ギブ・アンド・テイクの世界」と称される。しかし、筆者が思うに、コンテンツマーケティング的な考え方をするならば、世の中「ギブ・アンド・ギブ・アンド・ギブ・アンド・テイク」であるべきなのだ。  まずは見返りを求めることなく、ペルソナの悩みを解決するコンテンツを、出し続ける。そうするうちに信頼関係が醸成され、コンバージョンに到達する。時間はかかるが、ペルソナのことを真剣に考え、嫌味や下心が見えないオウンドメディアは、人々に求められるし、愛される。そして事業会社側も、刈り取り型の営業スタイルから脱却することができ、かつ人々の悩み解決に貢献できる。仕事へのやりがいも増すであろう。  そう考えると、コンテンツマーケティングとは、日本に蔓延する強引なマーケティングをなくし、人々のストレスを緩和する間接作用もあるといえる。そして、正しいコンテンツマーケティングが普及することで、ストレスの少ない社会を実現できると、筆者は確信している。  ただし、残念ながら日本におけるコンテンツマーケティングは、マーケティング視点が欠如しているものも多く、正しく実施されているケースは極めて少ないのが現状だ。  こうした状況を鑑み、書籍「コンテンツマーケティング最前線」シリーズは生まれた。同シリーズは、国内で活躍するコンテンツマーケターへのインタビューや、海外事例などを紹介することを通し、正しいコンテンツマーケティングを伝えることを目的としている。  シリーズ1冊目となる本書は、コンテンツマーケティングラボ編集長・三友直樹氏、SEOの専門家・バカ毛氏、コンテンツマーケティングで成果を出しているユアマイスター社・高山武佐士氏、MAのエキスパート・田所浩之氏の4名に、筆者がインタビューを実施。オウンドメディアがコンバージョンにつながらない理由や、コンテンツ制作時の注意点などについて、語っていただいた。  本書がコンテンツマーケティングで悩みを抱えるすべての方の参考となれば幸いである。 ■目次 はじめに 第1章「コンテンツマーケティング」という言葉は消滅する? ――コンテンツマーケティングラボ編集長 三友直樹 氏 第2章「SEO観点のコンテンツってあんまり好きじゃないんです」――「バカに毛が生えたブログ」バカ毛 氏 第3章「圧倒的な素人目線」がコンテンツマーケティングを成功に導く――ユアマイスター株式会社 高山武佐士 氏 第4章MAのエキスパートが語るツール導入の「落とし穴」――株式会社日本SPセンター 田所浩之 氏 第5章コンテンツマーケティングワールド2018参加レポート――株式会社クマベイス 田中森士 おわりに ■諸注意 ・発送には1週間程度かかることがあります。発送にはクリックポストを使っておりますが、都合により変更されることがあります。ご了承ください。 ・大口や企業でご購入をご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。 ■訂正箇所のお知らせとお詫び この度は『コンテンツマーケティング最前線01 オウンドメディアがCV(コンバージョン)に繋がらない理由(ワケ)』をお買い求めいただき、誠にありがとうございます。 本書内に「ずれ」が生じ、読みづらくなっている箇所、誤りのある箇所がございます。お詫びして訂正させていただきます。 p16 2行目 (誤)10  に新たなテクノロジーが出てくれば、 (正)10年後に新たなテクノロジーが出てくれば、 p57 2行目 (誤)今からもう15   も前の話です。 (正)今からもう15年以上も前の話です。 p60 6行目 (誤)一方で、職種が10  るような募集要項の場合、フリーでデザインを工夫すべきで (正)一方で、職種が10もあるような募集要項の場合、フリーでデザインを工夫すべきで p65 1行目 (誤)なので、記事やイベントである人がティップスを10  していたとする。 (正)なので、記事やイベントである人がティップスを10紹介していたとする。 p109 10行目 (誤)デイビス氏は、スイカにゴムバンドを1つずつ次々とくくりつけ、破裂するまでの約40  を (正)デイビス氏は、スイカにゴムバンドを1つずつ次々とくくりつけ、破裂するまでの約40分間を 読者の皆様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 今後このようなことがないように、チェック体制を見直して参ります。今後とも『コンテンツマーケティング最前線』をよろしくお願い致します。